静岡発。ウォーキング情報

タン編探検隊が利用したバスの運賃

JR東海道本線・静岡→富士経由、身延線・富士宮(820円)富士急静岡バス・富士宮駅→遠照寺ホステル入口(870円)

富士急静岡バス・田貫湖南→富士宮駅(770円)JR身延線・富士宮→富士経由、JR東海道本線・静岡(820円)

今月のまんぽ計

スタート・遠照寺ホステル入口バス停 ゴール・JR富士宮駅14961歩7・4キロ279kcal.(肉じゃが+茶碗蒸し)byあんず

地図を見る滝ずきなあんずが、スズキ(※08年12月号ウォーキングに登場。鉄オタな乙女ちゃん)にそそのかされ「新年号では陣馬の滝へ!行きましょう」こぶしを振りあげた。 だいたいあんなとこまで公共交通機関使ってどう行くのよ…とぶつくさ抗っていたら、「よかったらこれ、使ってください」おずおずウォーキング地図とアクセス方法を差し出してくる。

写真1

1.この看板を目印に  2.陣馬の滝 遊歩道  3.源頼朝が巻狩りで陣を敷いたことから陣馬の滝と呼ばれている  4.遠照寺  5.滝壺から太鼓を打つような音が聞こえてきたので、不思議に思った頼朝が家来に探らせてみると、この太鼓石が見つかったという

話を聞いてみると、休日返上で、実際に足を運んでくれたらしい。マジかよ・・・

「スズキが行ってくれたなら、もういいじゃん。スズキの感想を、私が臨場感たっぷりにまとめるからさ♪」
「いけません」(目が恐いし…)
6時26分静岡発の東海道本線に乗車し、富士宮駅へ。
富士宮駅からバスに乗り換え、陣馬の滝に一番近い遠照寺ホステル入口で下車。8時20分ウォーキングを開始します。
「まだ会社の朝礼始まってないし(※ワタクシごとですが、勤務先の朝礼は9時29分から)お腹すいた」
「確かに、お腹すきましたね…無人販売のサツマイモ買って、ヤキイモにします?」
さすがにそりゃいかんだろう
バス停から10分ほど歩き、陣馬の滝に到着。
し…んとした場所で、静かに滝が流れていました。
「わああ♥すてき♥白糸の滝のミニチュア版みたい…♥」
さすが滝ヲタ。感想がマニアックすぎる…
写真2

6,7.頼朝の家臣、畠山重忠が馬をつないだことから、畠山重忠の駒止桜と呼ばれている。  8.道路を横切る川。人はこの石をぴょんぴょん渡るらしい。  9,10.春から夏にかけて、草花が楽しめる(ハズ)小田貫湿原  11.田貫湖と富士山

「あずまや発見!ハラペコで倒れそうだから、昼食にしようよ〜」
「サンセ〜イ♥」

朝食を食べてきたけど、すでに燃料切れなタン編探検隊。
8時55分、持参した弁当をブランチよろしく、食べ始めます。まだ朝礼も始まってないけどさ…
お菓子も交換し(遠足か?)、心身落ち着いたところで、9時21分再出発。
森を抜け、小田貫湿原{こだぬきしつげん}の入口にやってきました。
田貫湖までの標識が、箇所箇所立っていたのが、心強かった。
訪れた季節が季節なだけに(11月)、山やまは紅葉まっさかり。そして湿原は枯れ草色……あああ、残念。
湿原のなかの木道{もくどう}を、前進していくと、田貫湖が見えてきました。

写真3

12.かぶき揚げ(←お菓子)のような山道を進む  13.田貫湖  14.湖畔は紅葉がきれいでした  15.富士宮駅  16.田貫湖付近で見つけた、即席なクマ出没看板  17.あんず熱望の農民市場  18.「もうあとは帰るだけだし」と開き直ったあんずのリュックから、はみ出していたネギ。

田貫湖外周を、時計の逆回りに歩きます。
サイクリングする人、釣りをする人、散策する人…湖畔は天国みたいにのどかな場所でした。
宿泊施設の休暇村富士でバスの時刻表を確認しながらひと休み。
売店でアイスクリームを発見!恥も外聞も捨て、ロビーでいただきました
(あまりの疲労感とアイス食べたさに、写真撮るの忘れた)。ふうう生き返った。
富士宮駅行きのバスが来るまでにまだ30分もあったので、時間の限り歩くことにします。
結局2つぶんのバス停を歩き、田貫湖南から12時7分のバスに乗車。
富士宮駅で下車し、あんずが熱望する農民市場('09年1月号で立ち寄って味をしめた地場産品の店)へ足を伸ばします。
改めて富士宮駅にゴールしたのは13時10分。
ネギのはみ出たリュックを背負ったあんず、みなさんにお見せしたかったなあ…ふふふ(春)

>> 一覧ページへもどる