静岡発。ウォーキング情報

タン編探検隊が利用した電車の運賃

東海道本線・静岡→沼津経由、御殿場線・山北(1690円)

御殿場線・山北→沼津経由、東海道本線静岡(1690円)

JRで季節限定発売の「青春18きっぷ」を利用すれば2300円、土日祝日利用可能な「休日乗り放題きっぷ」を利用すれば2600円とお得です

地図を見る 読者のかたに教えてもらった洒水{しゃすい}の滝へ行ってきました。
7時46分静岡発の東海道本線に乗車し、沼津で御殿場線に乗り換え、山北へ。
運賃を事前に調べたら、とおしで静岡−山北を買うのも、静岡−沼津−山北を買うのも、
値段が同じことが判明。
だったら帰りは沼津で途中下車してスイーツゲッチュ〜!ともくろみます(にやり)。 乗車したのが平日の出勤ラッシュ時刻。

写真1

1.もみの木のような交流センターの標識  2.山北駅のホームのタイルが時代を感じるね〜と話していたら、それもそのはず。120周年を迎えた駅でした。  3.山北駅  4.鉄道公園のSL。大きい!  5.駅まえのレトロなポスト。現役でしたよ。  6.山北町内を循環するバス  7.日本の滝百選に選ばれている洒水の滝。落差は69メートル。手まえの木が…なんとも残念。

「ちょうど満員電車に遭遇しちゃったよね」
「ほんと。ちっちゃい春が、あっという間に人に埋もれて見えなくなっちゃったから、笑えましたよ」
「もうね、あられもない姿で押し込められて、普段使わない筋肉が、突っ張っちゃったよ。
満員列車で通勤してるみんなって大変だねえ」
「普通は春ほど、もみくちゃにはされないと思うけどね(笑)」

朝からおしくらまんじゅうで大変でした。

(←滝ずき)「先月も滝、今月も滝でいいんですか。私ごのみで、なんだか悪いなあ…」
(←城址ずき)「いいのいいの、これから行く、滝の手まえに、城址があるんだもん。お互いハッピーなのよ」
写真2

8.河村城址入口  9.銃猟禁止  10.こんな山道をぜえはあ登っていく。  11.ぜえぜえ山頂広場へ。  12,14.周囲の城の方角を示した石碑。イカしてる♪  13.無人販売にときめくタン編探検隊であった。  15.どんぐり公園  16.春「ほら、だんだんって堀がうねってるでしょ?」あ「…(興味ないし)」  

そう、今月は城址と滝を巡る欲張りな企画です。9時49分に山北に到着。
山北駅まえのロータリーには、山北を循環するレトロな風貌のバスが止まっていました。
身なりを整え10時2分に出発。線路をまたぐ跨路橋{こせんきょう}を渡り、
さくらの湯を右に見ながら、鉄道公園へ。
公園にはSLが1台。屋根の下に保管されているので、状態がとてもきれいです。
鉄道公園から、国道246号線の高架をくぐり、なだらかな坂道を登ってゆきます。
河村城址入口の石碑を見ながら、枯れ葉の敷き詰まった山道を、ぜえはあぜえはあ。

「みてくださいよ、猟銃禁止って」
「あたりめーだ。つうか裏を返せば、獲物がいるってこと?」
「うえええ〜ん」

春はヒザにサポーター、あんずは骨盤ベルトと、老体にムチ打つタン編探検隊にはもはや過酷なばつゲーム。

「みて!これは!」
写真3

17.山頂にある石碑  18.洒水の滝公園そばにあった石棺の碑  19.滝が少しでも見やすい観瀑台へ  20.洒水の滝  21.石燈篭の上にカエルのオブジェ  22.道なき道を進む…  23.手づくりの標識が心強い

畝堀{うねぼり}を発見。こんなにきれいに形が残存しているなんて…すばらしい。
山頂の広場にやってきたのは、10時38分。
広場からの眺望は、すごーくいい眺めでした。
山一帯が城址なので、歩き始めたらきりがない(あんずもつまんなそうだし)。
洒水の滝へ向かうべく、山道を下ってゆきます。
民家の合間を抜け、標識に従って西へ。高瀬橋を渡り、滝に通じる川沿いの遊歩道を歩きます。

「さっきから思ってたんですけど。駅から城址、それから滝への道沿いに、かなりたくさんのトイレが設置されてますよね」
「そういやそうだね。しかもきれいなトイレばっかり。ありがたいねえ」

いよいよ滝に通じる1本道。旅館や食事処が並んでいましたが、ほとんどシャッターが閉まっていて、どこか閑散とした様子。
はて…
腑に落ちない気持ちはすぐに解決→落石防止工事のため、滝の手まえで通行止め…。
観瀑台が設けられていましたが、いかんせん遠すぎる。

「そばまで行けないなんて…(絶句)」

滝の手まえにりりしく立つ樹木が、これまた見えにくいのなんの。
コトバ少なに滝をあとにし、洒水の滝公園で昼食をとります。公園は日陰で、心身冷えびえ。

「運賃は事前に調べたのに、肝心の滝については調査不足だった(しょんぼり)」
「…(かなり落胆)」

30分ほどの休憩を終え12時17分、再び山北駅へ向かいます。
足柄橋から東名高速道路の赤い陸橋を眺め、線路沿いをぽくぽく前進。
線路沿いにりっぱな桜の木が並んでいました。春にはきれいな桜並木なんだろうなあ。

「あのさ、あと12分で12時55分の列車がくるんだけど。それ逃すと、次は14時27分」
「マジすか!?」
写真4

24.かりんの木  25.足柄橋  26.酒勾川沿いの発電所  27.山北駅まえ大通り  28.沼津でごほうび  29.線路沿いの桜並木。満開の季節にまた来た〜い。

競歩で山北駅まえ大通りを通過し、駅に着いたのは列車到着3分まえ。間に合った…。
沼津行きの御殿場線に飛び乗り爆睡。
沼津で途中下車し、駅北を1時間弱ぶらっとさまよい、ごほうびの甘いものをいただきました。
14時57分沼津発の列車に乗車し、静岡にカムバック。
滝の眺望はただただ残念しきり。整備されたあと、改めてもう1度訪れてみたいなあ。
線路沿いにあった満開の桜並木もみてみたいし。
本音をいえば、河村城址をまんべんなく歩きたいのでありました。いひひ(春)

>> 一覧ページへもどる