静岡発。ウォーキング情報

タン編探検隊が利用した電車の運賃

しずてつジャストライン藁科線・静岡駅まえ→水見色(700円)

しずてつジャストライン藁科線・新間→新静岡(360円)

今月のまんぽ計

スタート/バス停・水見色 ゴール/バス停・新間
23732歩 11・8キロ 421kcal.
フィッシュバーガー1こぶん


地図を見る 葵区新間を流れる新間谷川{しんまやがわ}沿いを歩きました。
静岡駅北口1番のりばから7時50分の藁科線・水見色行きに乗車します。
ややっ!? いつもは『3分まえ集合』のあんずが、今日は私より先にバス停のベンチに座って待ってる。

写真1

1.出発地点の静岡駅北口  2.キャベツの周りに小さな花が咲いていました  3.バス停・水見色にて憩いの場を発見  4.初めてみたタイプのカーブミラー  5.赤く色づいたスギ  6.この看板を目印に山へ入る  7.石が陳列された石垣  8.あんずが思わず走り寄ってがっくりしてた、竹炭の無人販売  9.湿ったアスファルトを降りていく

「どうしたの珍しい!」
あんず(以下、あ)
「今日は駅に用事があったから、少し早めに来たんですよ」

最初にそう聞いたのに、低血圧の私は聞いたことをすっかり忘れて数分後、

「いやあ、でもどうしちゃったの今日は?こんなに早く来ちゃって」なんて春ばあさん発言。
「だーかーらあ、駅に用事があったんですってば(いらっ)」

あ、そんなことさっき聞いた気がする。
バスは藁科街道を走り、水見色の山道をぐんぐん登って、終点・水見色に到着。
おおっ標高が高いからなのか、静岡駅より少し肌寒い(決行したのは3月初旬)。
身支度を整え、8時40分に出発します。

「見てください、あのスギ花粉の色づきよう…背筋が凍りますよ」
「気のせい気のせい」

花粉にアレルギーのない私・春が考案した今回のコースは、花粉症どつぼなあんずに過酷すぎた…と内心深く反省。
高山市民の森・入口看板を見ながら山へ入っていきます。

「なんで山越えなんだ?川沿いのつもりだったのに」

10年以上も連載しているのに、いまだに地図の読みかたがどうも甘い…。
今日こそなにか無人販売の収穫がありますように、とうきうきしていたあんず。
だがしかし、最初で最後にみた、無人販売は、炭焼き窯で焼いた竹炭だった。

「欲しいのは野菜なんだよなあ(がっくし)」
写真1

10.上流はにぎやかな流水音の新間谷川  11.落石注意  12.川の流れが緩やかな中流付近  13,14.始めは1匹だったのにわらわら集まってきた牛  15.吊り橋で渡る天神社  16.第二東名の高架

下り坂を軽快に歩いていたら、川の流れるにぎやかな音が聞こえてきました。
先月歩いた長尾川は、終始おしとやかだったのに、新間谷川の主張の強いこと。

「昨日雨だったから、水が多いんだろうけど、川によって性格って違うもんだねえ」と感心しきり。

ひとけのある山里に降りてきて、少しほっ。
山の斜面に見える茶畑のきれいなこと。
道沿いに牛舎があったので立ち止まって眺めていると

「あ、春のところに牛が寄ってきた」

と言っている間に、わらわら牛が、集まってきました。

「すっご〜い!私ったら牛にモテモテ♥フェロモン全開って感じ?」
「牛相手にフェロモン全開でいいのかよ(爆笑)」そのとおり、よくないです…(くすん)

新間谷川を吊り橋で渡る天神社に10時42分。
第二東名の高架をくぐり、空腹も手伝ってダランダラン歩いていたら、黄色い工場のような建物が見えてきました。
なんの工場?と凝視しながら歩いていると
「よかったらお茶飲んでいきませんか」と事務所から兄さんが声をかけてくれました。
あらま、嬉しいお誘い♥

写真1

17,18.「ネ…ク…」と木彫りに凝視していたら、お茶をごちそうになりました  19.蛍ヶ丘ショッピングセンター  20.悠々と流れる新間谷川・下流  21.新間谷川って一級河川だったのねん  22.ごほうびスイーツ  23.ショッピングセンターにて戦利品。おいしゅうございました  24.新間トンネルを抜ければゴール  25.悠々と流れる新間谷川

事務所まえのテラスでお茶をいただきながら、お話を聞いてみると、緑茶の製造生産者が所属するネクトという会社でした。

「お兄さんはいつも、通行人にああやって声をかける係なんですか」

と聞いたら
「いやいつもじゃないです、ぼくも他に仕事がありますから。タイミングが合えば、声をかけるようにしています」
タイミングが合ってよかった〜♥
おいしいお茶で元気チャージ。
お礼を言いながらおいとまし、その先のバス停・都沢入口のベンチで11時28分、昼休憩をとります。

「川沿いにサクラ並木があったから、お花見によさそうな川だねえ。今日見れなくて残念」

川上はにぎやかな流水でしたが、川しもはおおらかで雄ゆうしい流れ。
新間谷川は表情豊かなんですね。
昼休憩を30分弱で終了し、再び新間谷川沿いを歩きます。
もうあとひと息でゴールだ♪と励ましあっていたら『蛍ヶ丘ショッピングセンターはこちら』という看板が目につきました。
なぬ?ショッピングセンターと聞いたら行っとかないと、と寄り道します。

そこは蛍ヶ丘団地の一角にあった、小さなスーパーでした。
できたての惣菜は安いし、おいしそうだし、隣りに公園があったし、
な〜んだ知ってたら弁当不携帯でお昼はここにしたのにね、と残念しきり。

「さあ!あとはあのトンネルを越えてバス停・新間がゴールだよ」

最後の砦・新間トンネル上にはスギ林が密集していて、花粉の飛散が目に見えるほど。
恐ろしすぎて触れないようにしていたら、トンネルに近づくにつれ、あんずがくしゃみ連呼。
じつに気の毒だった…。

バス停・新間に12時53分到着。
13時1分静岡行きのバスに乗車し、静岡駅へ戻ってきました。
静岡駅でごほうびスイーツを食すもぐったり…。

来月も静岡の川巡りをしてきま〜す、お楽しみに。(春)

>> 一覧ページへもどる