静岡発。ウォーキング情報

タン編探検隊が利用した電車の運賃

しずてつバス 日本平線・静岡駅前→舞台芸術公園(370円)

東海道本線・清水→静岡(230円)

今月のまんぽ計

スタート/バス停・舞台芸術公園、ゴール/JR清水駅
28402歩14キロ498kcal.
(焼き鳥3本つくね2本砂肝1本)byあんず


地図を見る 炎天下のウォーキングは命を縮めかねないと思い、
控えめな距離の吉田川(約4キロ)を歩く予定でした。
だがしかし、先月と同じくらい無謀な距離を歩いてしまった…。

写真1

1.平澤寺そばを流れる吉田川  2.平澤寺の立派な山門  3.あんずが萌えた無人販売  4.道脇の石像に生花が生けてありました  5.マツバギク  6.いったん見失った吉田川と再び合流

静岡駅南口11番のりばから8時17分、日本平行きのバスに乗車。
バスは日本平動物園を通過し、舞台芸術公園で下車します。
身支度を整え8時50分出発。舞台芸術公園を横切って、林のなかへ入っていきます。

あんず(以下あ)
「うわっシマシマパンツ(ヤブ蚊)にやられた!」

眼に見えるほどに大きなヤブ蚊にぶんぶんまとわりつかれ、逃げるように山道の階段をくだります。
地上に降りると、そこは平澤寺の山門まえ。お目当ての吉田川も流れていました。
草木がのびのび茂り、少し荒れ気味の吉田川沿いを歩きます。
と、めざとく民家のまえに無人販売を見つけ、走り寄るあんず。
う〜んジャガイモ欲しいけど、まだまだ先は長いし…と散ざん悩み、ズッキーニを買ってました。
日影を歩きながら、白い建物のフレンチレストランを通過。

「ややっ!? 川は…どこっ?」

しまった、テレビドラマの話に夢中になってて、川から離れていたことに気づかなかった…。
9時24分、松ヶ下橋で無事に吉田川と道路が交流。川沿いの砂利道を歩きます。
いったん砂利道を抜け、舗装された道をしばらく歩いていると

「ねえ…また川がどっかにいっちゃったみたい」

あまりの暑さに、目のまえの道を歩くのが精いっぱいで、ちょっと気を許すと、川沿いを歩く使命をついつい忘れがち。
西へ平行移動して吉田川を見つけました。
南幹線、国道1号線を順に横断。吉田川沿いの自転車歩行者専用道路を歩きます。

写真2

7.民家の横を流れる吉田川  8.お、懐かしいイズノスケだ  9.グラジオラス  10.国道1号線付近でいったん細くなる吉田川  11.自転車歩行者専用道路と並行して流れる吉田川  12.アーティチョーク

巴川と吉田川の合流地点、巴川橋に到着。ここは長尾川を歩いたとき('11年4月号)にも通過した、思い出の橋。

「懐かしい橋がゴールやん。やったあ〜さあさあバス停探すべ。昼飯はどこ行こうかねえ♪」
「ねえ……まだ10時30分ですよ。さすがにここで終了は、心苦しいし、後ろめたいですよ」
「えっ、後ろめたい?(←思いもしなかった)そ、そっかあ……じゃ、いつか歩く予定の巴川を、少しでも歩いとこうか」

そんなわけで引き続き、巴川沿いを東へ。
持参した地図は、巴川橋までのものでしたが、川沿いだし、市内だし、
なんとかなるしょ♪とお気楽に歩き始め→地獄を見ました

写真3

13.春に歩いたときには見られなかった、緑のトンネル  14.旧長崎橋  15.巴流大橋を渡ると高部みずべ公園がある  16.巴川  17.ピンクの橋  18.氷を食べて生きながらえた  19.清水銀座の歩道にオブジェ  20.駅まえ銀座

巴川沿いの緑は、モリモリ生い茂っていていて、以前歩いたおもかげがまったくありません。
凝ったデザインのベンチが歩道にある、旧長崎橋に11時7分。

「このベンチ、めちゃめちゃ熱いんですけど」

よっこらしょと腰かけたあんずが、飛びあがってました。
水分補給はこまめに摂っているものの、この暑さのなか、頭がガンガンしてきます。
アートな巴流(ぱる)大橋がかかった、高部みずべ公園が見えてきました。
みなさん、木陰で涼んでいたり、川で釣りをしていたり。
え、ここは天国?と思えたくらい、のどかな時間が流れる風景でした。

「いったい今日の私たちは、どこまで歩くの…(涙目)」

12時30分、見覚えのあるピンクの橋('11年7月号)が見えてきました。
万歩計はすでに11キロ。炎天下のなか、私らアホちゃうか?
疲れ果て、ゾンビのように巴川沿いをよろよろ歩き、
カッパでおなじみの稚児橋で、巴川沿いを離れ、清水銀座(別称・巴流商店街)を歩きます。

清水銀座は、町並みが横浜の元町のような雰囲気の商店街でした。
あまりにも体力を消耗しすぎて、固形物を食べる気力もなく、商店街のなかの甘味処で、かき氷を食べます。

「クリームしることクリームあずきはどう違うんですか」
おばちゃん
「しるこはあんこよ、あずきはあずき」
「………はあ、じゃあクリームあずきで」
「私はクリームしらたま♥ん?しろたま?」
おばちゃん
「しらたまよっ、し・ら・た・ま」
「はあ…クリームしらたまでお願いします(しょぼん)」

ちょいと手厳しくておもろいおばちゃんと、しゃわしゃわ冷たい氷にずいぶん癒やされました。
清水銀座からアーケード街の駅まえ銀座を抜け、JR清水駅に到着したのが13時57分。
あ〜あ〜こんなに遠くまで歩いちゃって。

帰宅後、私は食べものを受けつけられず、保冷枕で頭と身体を冷やして、寝込みました。
あんずはいったん帰宅後、なんと業務試写会へ出直したのだそう!
が〜ん…あんずとの根本的体力の差を見せつけられた1日でした。(春)

>> 一覧ページへもどる