静岡発。ウォーキング情報

タン編探検隊が利用した電車の運賃

東海道本線・静岡→浜松経由、
遠州鉄道・新浜松→自動車学校前(1460円)

東海道本線・浜松→静岡(1280円)

今月のまんぽ計

スタート/遠鉄・自動車学校前駅
 ゴール/JR浜松駅 25150歩12キロ450kcal.
(ダブルチーズバーガー約1コ)byあんず


地図を見る 浜松街中にある馬込川沿いを歩きました。歩いたのは7月末。
私・春は先月の二の舞(炎天下を14キロ歩き、寝込んだ)にならぬよう、
熱中症対策にペットボトルを3本用意します。
いつでもどこでも重たい荷物を持ち歩いているので、
重さに鈍い私・春ですが、さすがに今回のリュックは重い。
体重計ではかってみたら5キロ。日帰りウォーキングなのに、どんだけ詰めてんだ?

写真1

1.切符にハサミをいれるクラシックな遠鉄の切符  2.遠州鉄道の赤電  3.遊べない川なんですね…  4.ルトベキア  5.馬込川と並行して流れる狢川(むじながわ)  6.これはなんて名まえの花?  7.馬込川沿いの歩道  8.馬込川

8時6分静岡駅から東海道本線に乗車し、浜松で下車。
遠州鉄道の赤電に乗り換えるため、新浜松駅へ移動し乗車。
9時48分、自動車学校前駅で下車します。

あんず(以下あ)
「げっ、ハンカチタオルと手袋を忘れた!」
「あ〜っ先月、私もタオル忘れちゃったんだよねえ。
でもさ、首マフラーでふけばいいじゃん(←ちょっと先輩づら吹かしてアドバイス)」
「ムリ(即答)…地図見たら、駅のそばに西友があるから、そこに寄ってもいいですか」
「ふ〜んだ。そのまえに駅のすぐ横にあるパン屋にも寄っていこうよ〜」

9時52分、駅を出発し、パン屋経由、西友へ。
あんずがハンカチタオルをゲット(手袋は気に入ったものがなかったので、今日は素手歩きを覚悟したらしい)。
地図を参考に西友から川沿いの道を見つけました。
川べりには背の高い草がぼうぼう生え、昨日雨が降ったからなのか?コーヒー牛乳色のにごった川。

「待って…この橋“むじながわそくどうきょう”って書いてありますよ。私たち、別の川沿いを歩いてません?」
「まっさかあ」
「(地図をじっと眺め)ほらやっぱり!最終的に合流するけど、馬込川と並行した狢(むじな)川沿いを歩いていますよ!」

あんずがそうそうに気づいてくれたおかげで、早めの軌道修正ができました。
狢川同様にコーヒー牛乳色の馬込川を見つけ、改めて本日の川沿いを歩きます。

写真2

9.十軒橋のたもとに十軒学校跡  10.パン休憩にて、あんずのカレーパン  11.富士山が見えるのかも!?と東を眺めたが、あいにくの天気で残念。富士見橋  12.共同橋  13.ピサの斜塔のようにアクトタワーが少し斜めに見えるのは私・春の撮影がヘタクソだから?  14.静岡文化芸術大学の学食にて、左があんずのパスタ。右が私の担々麺  15.静岡文化芸術大学…浜松市中区中央2・1・1

日陰のない川沿いは、たいそうしんどい…
遠くに見えるアクトタワーにはちっとも近づけず、果てしない1本道。木陰にベンチを見つけ、パン休憩します。

「げ、あんずったらまた朝から揚げパン?
(※'11年2月号三島ウォーキングでも朝イチ食べたこで胸やけして、昼食を食べられなかった)。コリないねえ」
「いいじゃん、好きなんだもん…ああっ!?リュックのなかに手袋が2つも!
そうだ、どっちにしようか迷って結局両方、ここにいれたんだった」
「ばははは、さっき買わなくてよかったねえ」

10分弱の休憩を終え、再び出発。
馬込川にかかる橋はクラシックでおしゃれなデザインの古い石橋が多かった。

「川沿いから少〜しそれますけど、静岡文化芸術大学がありますよ」
「なぬ?大学といえば学食♥昼どきだし、ちょうどいいじゃん♥しかしキミ、揚げパン喰っといて、今日は大丈夫なのかい?」
「大丈夫、大丈夫♪」

11時56分、静岡文化芸術大学に到着。学食の場所がわからなかったので、学生に聞きます。
あふれんばかりの大学生にまみれながら、あんずがパスタ、私が担々麺をいただきました。

「いいなあ学生は…ぴちぴちのキャピキャピで。なにより炎天下の川沿いを歩かなくていいんだから」
「まあまあ、もうあとひと息ですよ。駅に着いたらごほうび食べましょ」
写真3

16.ヒマワリ  17.これまたオシャレな大浜橋  18.馬込川沿いに三島堰跡  19.新川との合流地点  20.川べりにイラストが描かれた新川  21.ゴールの浜松駅  22.シャクシャクのかき氷♥  

室内に座っていたら、汗だくの身体がしっとり気持ち悪くなってきたので、身支度を整え、12時35分再出発。
馬込川沿いに戻ります。
コーヒー牛乳色の印象は、第一印象と変わらず。静岡の安倍川を見慣れているので、なんていうのか……。
JRの高架をくぐり、新川との合流地点に13時48分。
馬込川は浜岡砂丘のほうまで流れていますが、本日はこれにて撤退!馬込川の支流・新川沿いを浜松駅に向かって北上します。
新川の川べりは、整備されたコンクリにイラストが描かれ、にぎやかな様子。
川の色は…馬込川とあんまり変わらないけど、カメが何匹もいました。
そういえば馬込川では、生きものを見かけなかったなあ…。
ゴールの浜松駅南口に14時30分。いやったあ、やり遂げた…。
ベトベトの衣類を駅構内のトイレで着替え、ごほうびのかき氷をいただきました。おいひ〜♥
ペットボトル3本のおかげで、熱中症の症状もなく、無事生還。夏のウォーキングは命がけっす。(春)

>> 一覧ページへもどる