静岡発。ウォーキング情報

大井川沿いを歩く

東海道本線・静岡→金谷経由
大井川鐵道・金谷→神尾(1030円)

島田コミュニティバス・相賀橋→島田駅まえ
(200円)
東海道本線・島田→静岡(480円)

今月のまんぽ計

スタート/神尾駅
 ゴール/島田駅

27892歩 13・9キロ505kcal.
(梅と明太子と鶏五目のおむすび1つずつ)byあんず


地図を見る 読者のかたにオススメされた、大井川にかかる水路橋へ行きました。
行くまえに、地図を眺めていたら、水路橋の近くに龍門の滝も発見。
あら、いいじゃない♪

写真1

1.イモムシみたいなダイテツ  2.ダイテツの別珍シート  3.神尾駅からの眺望  4.神尾駅にて信楽焼のタヌキがお出むかえ 5.人けのない神尾駅  6.ナンテン  7.高台の若宮八幡宮

静岡駅から8時30分の東海道本線に乗車し、金谷駅で大井川鐵道(以下、大鉄)に乗り換え、神尾駅で下車。
駅にはタヌキの置きものがずらりと並んでいました。身支度を整え、9時41分に出発します。
地図で見ると、駅と国道473号線は横並びなのにぐるっと迂回しなければ、国道へ出られません。
大井川を眼下に見おろしながら、なだらかな坂道をのぼっていきます。若宮八幡宮を通過し、地蔵峠へ。

写真2

8.地蔵峠  9.地蔵峠の脇に苔むした記念碑  10.木鳥居をくぐった名称不明の滝  11.この看板が目印  12.龍門の滝  13.遠くに見える水路橋  14.水路橋の入口

地蔵峠から国道473号線に合流すると、ダンプカーの行き来が激しくなります。
しばらく進むと、道沿いに木の鳥居があり、その奥の岩壁に滝がありました。これが龍門の滝?
(→結果的に違いました。龍門の滝はその先に、大きな標識あり)。
今となっては名まえしれずの木鳥居の向こうの滝。
龍門の滝に10時47分。滝好きのあんずは、満足げにうなづいています(私・春にはわからん・・・)。
滝をあとに、国道を道なりにうねうねくだってゆきます。
道中、はるか彼方に水路橋が小さく見えました。ひええ、あんな遠くまで歩くのか…と絶句。
ひたすら前進のみ。ようやく水路橋へ通じる道を左折。
と、三脚を抱えた中年男性が、あとからついてきます。
目的は私たちの水路橋かしら?と思っていたら、ダイテツ線路のなかへ、彼はズカズカ入っていくじゃないですか!

「もしや撮りテツ(←列車の写真を撮って楽しむ人)?
一般人で線路に入ってく人、初めてみちゃった、いいのかよ?」
あんず(以下あ)
「まあまあ、きっと秘密のベストポジションがあるんですよ」

写真3

15.ね、ゼロがきも〜ち小さいでしょ?  16.17.大井川水路橋…橋長732.3メートル。大井川を横断して、農業用水を左岸から右岸に渡す構造(標識より)  18.本日のおやつその1  19.県の川と国土交通省の川が交わった地点  20.島田駅南口の銅像  21.ゴールの島田駅  22.おやつその2

水路橋に11時52分。

「いやだなあ、この標識の数字。ゼロが少し小さいのが気になる…」
「でたフォントの鬼(大爆笑)!そうですかあ…あ、ほんとだ、そばで見ると小さい(爆笑)」

大ざっぱなんすけど、ちょっとしたことが気になっちゃうB型の私・春なんすよねえ・・・。
いざ歩き始めたら、歩くぶんにはなんのことはなかった、アスファルトの1本道。
しかも川のうえって風が強いっ!マンガみたいによろめきながら歩きます。
橋なかばで突然、ポオオオ〜という大きな汽笛が聞こえてきました。

「みて♥もしやあの煙は、SLじゃないですか?」

2人してワクワク眺めていたのに結局、煙の移動だけしか見えなくて、がっくり。

「さっきの撮りテツは、このSLが目当てだったんですね」
「なるほど!いい写真撮れたかなあ、きっとゴキゲンだろうねえ」

橋を渡り終え12時10分、歩行者用の階段脇で、お昼休憩をとりました。
太陽は出ているのに、風がとにかく冷たい。足をとめるとなおさらに。
ぶるぶる震えながら、弁当をかっこみ、おやつを交換しながら、12時39分出発。
住宅街を抜け、64号線に合流したのが12時57分。今日初めてみた店(コンビニ)でトイレをかります。
とても親切な店員に感激し、思わずお菓子を購入。

64号線沿いを南下し、バス停・相賀(おうが)橋に13時21分。歩数は19917歩。
10分ほど待ち、島田行きのコミュニティバスに乗車。
島田駅で下車し、駅周辺でスイーツ探しに8千歩以上費やし、
最終的にたどりついたのが、コンビニのパフェ……島田てごわし(春)

>> 一覧ページへもどる