静岡発。ウォーキング情報

岡部~小瀬戸まで歩く

しずてつジャストライン 中部国道本線
静岡駅前→藤枝市岡部支所前(600円)
自主運行バス・藤枝市岡部支所前→殿(210円)

しずてつジャストライン 南藁科線
小瀬戸入口→中町(420円)
取材協力/中日本エクシス

今月のまんぽ計

スタート/バス停・殿(との)
ゴール/小瀬戸(こぜと)入口
24374歩10.9キロ436.2kcal.
(ビビンバ約1杯ぶん)
今月のまんぽ計 by春


地図を見る 地図を眺めていたら、岡部から新東名のネオパーサ静岡(以下、SA)を経由して、
小瀬戸までのコースを思いつきました。
我ながらナイスアイデア♪

「地図上では行けると思うんだけど…行けるよねえ?」
あんず(以下、あ)
「またそんな曖昧(あいまい)なこと言って。
事前にちゃんと調べてくださいよ」
「だって手もとにある地図、まだ新東名が載っていないんだもん」
「は~っ!?大丈夫ですか?」
「大丈夫っしょ(へらへら)」

静岡駅前7番のりばから、9時3分の中部国道本線のバスに乗車し、
藤枝市岡部支所前で下車。
降りたバス停と同じバス停から、
9時53分の自主運行バス・朝比奈線に乗りかえ、
バス停・殿(との)で下車。
10時13分スタートします。

写真1

1.バス停・殿のそば、10月にはコスモス畑がみられます   2.石灯籠を目印に北上   3.石でできたアーチ型の寿橋   4.野田沢川沿いをずっと北上   5.ほこらにまつられた石

訪れたのは10月。バス停そばにコスモス畑がありました。
総善寺入口としるされた石灯籠を目印に、北上。
しばらく歩くと野田沢川が道沿いに流れていました。

「新東名に辿り着けなかったら、いつもの川シリーズってことでも、
いいんじゃね?」
「……」

つたがいい具合にからまった、アーチ型の石橋に10時41分。
昭和天皇即位の記念に造られた寿橋です。
野田沢公民館を通過すると、小さなほこらがありました。

「『此れより右やまみち、左ふちゅう』だって…
えらい大ざっぱですね」

たぶん野田沢峠地点であろう場所の石碑に到着。

「新東名はいったいどこなんでしょうね…」
写真2

6.じょうずに積まれた石   7.いったい新東名はどこ?と心が折れそうになった峠   8.黄金の島ジパングもとい、新東名が見えた!   9、10しずおかマルシェでわなわな   11.下りのネオパーサ静岡SA   12.下りのフードコート   13.ミートキッチンでいただいたチキン南蛮ライス 

新東名を記す道しるべがどこにもなくて、ひたすらナーバスになるタン編探検隊。
(ほ~らやっぱりちゃんと調べてこないから、的な)気まずい空気が流れ始めたころ、
突然視界が開け、新東名が目のまえに!
黄金の島ジパングを発見した気分でした♥

下りSAに到着したのが12時6分。
みたことのない静岡土産がきらびやかに陳列され、静岡人なのに、どれもこれも欲しくなります。
フードコートで、目移りしながらぐるぐる歩き、昼食をゲット。
ほ~っとひと息つきました。

写真3

14.あんずが大はしゃぎして乗ってた遊具   15.道路に記された新東名へのみちしるべ   16.上りSAには大規模な芝生の古墳…もとい公園がありました   17.上りのネオパーサ静岡SA   18.上りのフードコート   19、20あんずがバニラソフトクリーム、春はぶどうジュース   21.本日の戦利品♥

「ややっ、私たち到着してからずいぶん長く滞在してますよ!?」

気がつけば2時間近くも経過してるじゃありませんか!!
あわてて下りSAを出発し、30分ほど歩いた先の上りSAへ移動します。

「ここから小瀬戸のバス停までが、どのくらいかかるか謎なんだよなあ」

だめもとで、売り場のお姉さんに聞いてみると、地元の人だったらしく、
そうねえ10分くらいよ、と教えてくれました。
帰りのメドがついてちょっと安心。
SAの下り線と上り線では店の顔ぶれが違うのでこれまた楽しいこと。
散策しながら、おやつのドリンクとデザートをいただきました。

15時21分、上りSAをあとに、バス停へ向かいます。
岡部方面にはなかった標識が、SAから小瀬戸へ行く道中には、いくつか見られました。
静岡方面から足を運ぶ人のほうが一般的なのかしら…。 
バス停・小瀬戸がゴールの予定だったのに、うっかり見過ごし、
次のバス停・小瀬戸入口まで歩いてしまいました。

バス停・小瀬戸入口に15時48分。
15時59分発の南藁科線のバスに乗車し、静岡市街に戻りました。
売り場のお姉さんはバス停・小瀬戸まで10分くらいと言ってたけど、
真偽のほどはわからずじまい。
どなたか試してみてくださいな。(春)

>> 一覧ページへもどる