静岡発。ウォーキング情報

タン編探検隊が利用した運賃

東海道本線・静岡→富士経由、
身延線・入山瀬(740円)

身延線・富士宮→富士経由、
東海道本線・静岡(820円)

今月のまんぽ計

スタート/身延線・入山瀬駅
ゴール/身延線・富士宮駅
18712歩 8・4キロ 358kcal.
(ざるそば1枚)by春


地図を見る 富士宮市観光協会のサイトで見つけた
『山本勘助ゆかりの地を歩く』をアレンジしました。
富士宮といえば過去、雨のなかを道に迷った記憶が…。

写真1

1. 富士馬車鉄道駅舎跡地    2. 龍厳橋の上流    3. 龍厳橋の下流    4. 代信寺    5. 茶畑に囲まれた景色に、ここは掛川だったかしら?と思ったほど    6. ミニストップで小休憩    7. 左斜め前方に見えるはずの富士山    8. 勘助坂について親切に教えていただいた櫻井製茶

「今回も迷うんだろうなあ、きっと…(←基本、ネガティブ)」
あんず(以下、あ)
「そう思うんだったら、図書館でゼンリン地図を
調べていきましょうよ(←基本、ポジティブ)」
「ええ~っめんどくさ。いいよ、私しゃ迷っても。
心配ならあんず行ってきて」
「(む~っ)なんでまた今、山本勘助なの」
「さあ?でもさ、富士山見ながら歩けるかもよ♥」

東海道本線・静岡から富士で身延線に乗り換え、
入山瀬で下車。晴れているのに、雲がかかって
富士山が見えないのは、日ごろのおこないか?

身支度を整え、9時47分出発します。
結局あんずも私もゼンリン地図不携帯。
ワイルドでしょ。
まずは交差点「入山瀬駅入口」を左折し、
富士馬車鉄道駅舎跡地を通過。
交通量が多いわりに道幅の狭い道を右折し、
龍厳橋を渡ります。
龍厳橋の上流と下流の景色がまったく異なっていて、
ちょっと感激。代信寺に10時9分。

写真2

9. 櫻井製茶付近から、急に立派な標識が目立ち始める    10. 勘助坂は勘助が子どものころに遊んだといわれている坂    11. 第2東名見晴らしよし。これであと前方に富士山が見えたらなあ…    12. か、かわいい    13. 勘助の母・安女の墓へ向かう道    14. 安女の墓    15. 山本勘助誕生地の碑    16. 長屋門のまえで昼食を食べる

つぎに勘助坂へ行くために……道に迷いました。
見渡す限り茶畑。
や、やばい。あんずがぶち切れるまえに、
畑にいたおばちゃんに走り寄ります。
「勘助坂?ここからそこへ行くのは、さあてなあ…
それよりまっすぐミニストップのほうへ行って。
そのさきにお茶屋さんがあるから。そこで聞くといいよ」
打開策が見つかってほっ…。

アスファルトの道を黙もくと歩き、
ミニストップに10時55分。
熱中症対策で小休憩しふたたび出発。
まもなくお茶屋を発見!

「おばちゃんは、櫻井さんって言ってましたね」

櫻井製茶に足を立ち寄ると、気さくなご夫婦が
勘助坂への行きかたを教えてくれました。
勘助坂は本来、富士根駅方面まで、ぐ~んと
くだっているようですが、私たちは富士根駅でなく
富士宮駅へ行きたいんだと主張すると、
第二東名を見渡せる辺りでUターンしてきたら?
とアドバイス。助かった…命びろいした
(あんずにボコられるかと思った)。
櫻井製茶を出て、標識を目印に右折。
この辺りから山本勘助ゆかりの地を示す標識がぐ~んと増加…
もっと入山瀬駅寄りにも作っといてよう。
第二東名が見渡せる場所に11時43分。

写真3

17. おでぶちゃんなガ    18. 山本八満宮    19. ペチニア    20、21、23 西部地区には道路脇に石碑をよくみかける    22. 金谷橋からみた潤井川    24. わたがしみたいなアジサイ    25. イオンモールでごほうびのシェイク    26. 慌ただしく立ち去った富士宮駅

「ここから富士山が見えたらベストスポットでしょう!」

しかし残念、富士山は雲に覆われ、裾しか見えません。
Uターンして、今度は勘助の母の墓へ向かいます。

勘助の母・安女(やすめ)の墓に12時。
そして山本勘助誕生地の碑のある場所で、
昼休憩をいただき、12時45分午後の部スタート。
10分ほど歩くと、山本八幡宮がありました。

「バンザーイ!あとは富士宮駅へゴーゴー♪」

たぶんあっちの方向が富士宮だよ(by春)とアバウトに前進。
工事中の坂道をえっちらおっちら登り、道路脇の石碑を見ながら、
潤井川にかかる金谷橋を渡り、交差点「田中町南」を左折。
静岡で見たことないスーパーで小休憩を兼ねて入店
(決して怠けてませんよ、熱中症対策なんですから)。
工事現場や駐車場係のかたなど日中、野外作業されているかたは、
ほんとにえらいなあ(しみじみ)。
あ、テマエミソだけど、新聞配達さんもね。
富士宮駅手まえのイオンモールへ14時9分。

「やった~もうあとひと息(ゴールの富士宮駅)
まえのごほうびだあ♪」
「まあ、今日2度めのごほうびになりますけどね」

心置きなく涼み、富士宮駅へラストスパート。

「じえじえっ、
あと4分で富士行きの列車が発車しちゃう」

あわててかけ込み、飛び乗りセーフ!
あーあ、いつか富士山を眺めながら歩きたいなあ…(春)

>> 一覧ページへもどる