静岡発。ウォーキング情報

タン編探検隊が利用した運賃

高速バス静岡甲府線・静岡駅前
→道の駅とみざわ口(1100円)

JR身延線・内船
→富士経由、東海道本線・静岡(1320円) 

今月のまんぽ計

スタート…道の駅とみざわ
ゴール…JR内船駅
12678歩7.4キロ322.3kcal
(豚レバカツ1人まえ)byあんず


地図を見る

静岡と甲府を結ぶ高速バスを利用して、南部町へ行ってきました。
7時25分、静岡駅まえから静岡甲府線のバスに乗車。

道の駅とみざわに8時30分到着。
まずは道の駅のなかをぐるり。

できたての山菜おこわを見たら、弁当を持参したことを少し後悔しました。

身支度を整え、8時45分ウォーキング開始。
県道52号線と平行して走る、旧道を歩きます。

写真1

1. スタートの道の駅とみざわ    2. 町立富沢図書館    3. 春「あ、あれは?」恐る恐る近づくとアート作品でした    4. 県道52号線と平行して走る旧道    5. マツバギク    6. ムシトリナデシコ    7. 黄金色の小麦畑    8. 荒いめのコンクリ    9. 道しるべ    10. カタバミ   

「みてこの道路。めが荒くてごつごつしてるよ」
あんず(以下、あ)
「ほんとだ、むかし懐かしいコンクリって感じ?」

歩いたのは5月末。
黄金色の畑がありました。
よ〜くみるとなんと麦!
ひゃああほんものの麦畑、初めて見ちゃった。

「ああっ!城跡の標識発見♥ゴーゴー♪」
「…(ちっ、また春の策略か)」
「いや、知らなかったってば、ほんとに
(←最近では、声に出さなくても、相手の言いたいことが、わかってしまう私たち。どうなわけ?)」

標識にしたがって、いったん横道に入っていきます。
山に向かって登ってゆく感じが不吉…。

農作業しているおじさんを見つけ
「すみませ〜ん、城跡はすぐ近くですかあ」と聞くと
「いんや、ちいと歩くわな。こっから1時間くらいか?」
お礼をいったあと、くるっと向きを変え、
無言でくだり始めるタン編探検隊。

「あら、今日は息が合いますこと」
←あんずったらイライザ並みにスパイシーしょ?
(イライザとは…キャンディキャンディに出てくる意地悪なキャラ)

旧道と県道52号線が合流する地点に9時19分。

なだらかにのぼったその先には、
福士洞門{どうもん}という名まえのトンネルが。
焼津につうじる大崩{おおくずれ}海岸のトンネルみたいに、
片がわが開放的で、歩道がきちんと設けられていたので、とても歩きやすかったです。

トンネルを抜けると、前方から原付バイクがキュッと停止。

「鳥?バードウォッチしに?どっから来たの?」
とオマワリさん(以下、オ)に声を掛けられました。

写真2

11. 城跡♥    12. 城跡はこの坂道をずっと登っていくらしいことを聞き、断念    13. 明るいトンネル内    14. この山を越えた    15. 水田横にきれいに整った茶畑    16. 背の低い赤鳥居    17. なにを示しているのかわからない    18. 何かの道しるべ   

「ウォーキングでこの先の駅まで歩くんです」
「これ事情聴取ですか?」
「いや違う違う、珍しいツバメが最近飛んでるからさ、白いんだよ」
「私たち、見た目があやしいから、事情聴取?(←しつこい)」
「いやいやあやしくないから(苦笑)。
そのへんに飛んでるよ、ツバメ。1匹だけ白いからすぐにわかるよ」

ひとしきり、白いツバメについて語り、
くるっと原付バイクの向きを変えて、行ってしまいました。

このだだっ広い南部町の、そのへんに飛んでるって言われても。
南部町民のゆかいレベル、高すぎ。

 
「ここで向き変えて町へ帰ってくっておかしいでしょ(笑)。
やっぱり町内無線で私たちのことが通報されたんだよ(ひそひそ)」
「だとしたら、あやしい風貌(←紫外線から完全防備)の春のせいですからね」
「ねえ…地図じゃわかんなかったけど、あの山越えるのかな」

ええ、まさかの山越えでした。

途中で雨がポツポツ降ってくるし。
2人して必死にひと山越えて、アルカディア南部総合公園に10時41分。

アルカディア文化館内の美術館を観覧し、
隣接したスポーツセンターにひとことお断りして、ロビーでお昼休憩させていただきます。

写真3

19. 南部町アルカディア文化館    20. 南部町スポーツセンター    21. 河川の管理境界線    22. カラフルなコンクリ    23. 朱色の南部橋を渡る    24.25. 香菓堂…南部町内船4517・1 ☎0556(64)3433 ●日月曜休み    26. ゴールのJR内船駅    27. 車窓からみた福士洞門    28. のどかな水田風景   

「なんでアルカディアなんだろ?」
「なんででしょうね。道中、思い当たるものもなかったし」
「アルカディアといえば、わが青春のアルカディアでしょ」
「知らねえし、ふりいし」
「え、知らないの?キャプテンハーロック」
「……(だから知らねえし)」

かなり早い昼食(11時まえ)でしたが、朝が早かったのでペロリ。
昼食休憩しているあいだに、雨も小休止。
タン編探検隊の、日ごろのおこないですな、ふふん。

「お?ここの道路のコンクリは色がついてますよ」
 

やるな、アルカディア。

11時47分、午後の部を再開します。
富士川にかかる朱色の南部橋を渡り、ケーキ屋『香菓堂{こうがどう}』に立ち寄りました。

うわ〜い、どれもおいしそうでお手ごろな価格♥
ごほうびゲッチュ。
香菓堂をおいとまし、12時41分JR内船{うつぶな}駅にゴール。

12時54分の列車に乗ります。
車窓から、さきほど歩いた福士洞門が見えました。
あんなに長かったんだ…(絶句)。
今日はトンネル越え山を越え、歩いた歩いた。
で、なんでアルカディアなの?(春)