静岡発。ウォーキング情報

タン編探検隊が利用した運賃

行き…東海道本線・静岡→金谷(580円)

帰り…東海道本線・菊川→静岡(760円)

今月のまんぽ計

スタート…JR金谷駅
ゴール…JR菊川駅
22202歩13キロ527.6kcal.
(ポテトサラダとクラムチャウダー1人ぶん)
byあんず


地図を見る

藤枝の蓮花寺池公園で、毎月オーガニックマーケットを開催しているサクラボさんが
「菊川に金土曜のみ開業している古民家カフェがあるので、よかったらぜひ」
と教えてくれました。
あらすてき♡JRの金谷駅から菊川駅まで、ざっくり歩く計画をたてます。
社内の島田市民には「は?なんもないよ?だいたい歩く距離じゃないし」と信じられない顔されました。
えーっ…歩くまえからなえるわあ。

8時53分静岡駅から東海道本線に乗車し、金谷で下車。
身支度を整え、9時30分出発します。
せっかくだから、有名な石畳を歩こうよ、と気軽に向かいました。
だがしかし。こんなに急勾配だった!?…息がぜえぜえ切れます。

石畳をのぼりきったところに芭蕉の句碑がありました。
ここで、菊川方面へ行くためには、左折が正解だったのに、タン編探検隊はなぜか右折。

あんず(以下、あ)
「ねえ、そこに諏訪原(すわはら)城跡って標識がありますけど…もしや、図った?」
「いやいや知らないし…ややっ?地図では、この城跡、進行方向とは逆だよっ。私たちどこまで来ちゃったの(涙)」
「まあまあ、せっかくだから見ていきましょ(←ポジティブ担当)」

すてきなコーヒー屋の横をすり抜けていくと、小さな森一帯が、
国の文化財に指定された諏訪原城跡に10時19分。
広大で歩きやすくて、箇所箇所に『本丸跡』『二の曲輪』と、わかりやすい説明が設置されています。

「いいですね!私この城跡、すごく気に入りました♡」
「めーずらし。でも、ほんといいよね、初デートにここいいよ!大成功まちがいなし♡」
「一般的に言って、初デートはないだろ(ぼそっ)」
「ここからみた夜景もきっときれい♡でも、曲輪(くるわ)とか井戸とか、
穴がいっぱいあるから、夜はちょっとしたサバイバルだよね。
いや、そのほうがむしろ愛が深まるのか?」
「(だから、デートに来ないってば)」

ケガの功名(こうみょう)?道に迷ったことで偶然、いい城跡に立ち寄れました。

写真1

1. なだらかな勾配の石畳    2. 芭蕉句碑    3. 国の文化財に指定されている諏訪原城跡    4. 壁立…壁のごとく切り立った構造    5.6.8. 奥へ進むほど景色が変わる城跡敷地内    7. 城跡からの眺望    9. ひっそり苔むした庚申塔   

「今日はこれでもういいじゃん。金谷駅に戻りましょうか」
「いやいや、そんなこと言わないで、古民家カフェですてきなランチが待ってるから」

あんずをなだめすかし、改めて菊川駅に向かってゴー。
『里山カフェゆうふう』の案内板に沿って
『ステンドグラス』入口の交差点を、さらにくだってゆきます。
目印にしていた惣菜屋せんせいに11時28分。小腹がすいていたので、立ち寄りました。
駄菓子感覚で、揚げものがずらり。あんずは野菜の天ぷら、春はひらひらカツ。

「こういうちょっとしたチョイスが、コレステロールが高いか高くないかの、
分かれめなのよねえ(←コレステロール・キング)」

歩き喰いするつもりでしたが、店の縁がわでいただきます。

「まだ全体の3分の1も歩いてない…(しょぼん)」
「だって想定外の城跡だったもんね、すごかったね(うっとり)!」

ぺろりと食べて元気も回復。吹きすさぶ風のなか、アスファルトの1本道を前進します。
ときどき、道路と平行して走る東海道本線が、田畑に囲まれた風景に変化を添えます。

「おお♡今のシャッターチャンスでしたよねえ」

と萌え萌え(←本人否定するけど、隠れテツなのよね)。

「JRによく乗るけど、この辺りの景色、記憶にないなあ」

島田と菊川の市境{しざかい}を越え、倉沢の線路を横切り、西へ。
果てしない…島田市民に忠告されたとおり、歩いている人なんていやしない。
最寄の駅がないから、途中で諦めることもできやしない。
山肌に茶畑で、なにか文字が描かれているのが見えました。
そのときには解読できず、あとからあんずがネットを駆使して調べたところ
“小笠茶産地”と、右から描かれていることがわかりました。

写真2

10. お堂にたいせつにまつられた石燈篭    11. たわわに実るカキ    12. 惣菜屋せんせいで買った揚げもの    13. 「わ〜い無人市だあ」と走り寄ったけど、扉はあかず。あんずがっくり    14. 見どころ満載をお知らせする、手づくり看板発見    15 東海道本線そばなのに、蒸気機関車マーク    16. ガザニア    17. 小屋のなかにヤギ    18. 広い田畑   

新幹線の高架手まえに古民家カフェの目印を発見。
進行方向(菊川方面)に向かって右折し『マニカフェ』に到着したのは13時のこと。バンザーイ!
一見、花沢の里(焼津市)を思わせる長屋門{ながやもん}。
古民家の室内は、いろりとストーブで、ほどよい暖かさ。ほ〜っ癒されるぅ。
パンとご飯のプレートランチをそれぞれいただき、ごほうびコーヒーまで付けちゃいました。

写真3

19.20.21.22.23.24 マニカフェ…菊川市友田167 ☎︎050(7115)4558●金・土曜の11:30〜16:00のみ開店    25. トマトの無人販売。上段は、私・春には届かないくらい巨大な小屋だった    26. 線路上で作業する人    27. ハクセイを久しぶりにみた    28. JRのレトロな石橋    29. お茶の種みたいなオブジェがある、菊川駅に到着   

もう1歩も歩きたくなかったけど、しぶしぶ腰をあげ、14時5分再出発。
無人販売でトマトを買い、剥製{はくせい}のイノシシに驚き、
銀色のオブジェが鎮座した菊川駅に15時23分。
帰りの車窓から見た菊川・金谷間は、これまでとは違って、親近感のある景色でした。(春)