静岡発。ウォーキング情報

タン編探検隊が利用した運賃

行き…東海道本線・静岡→熱海経由、
伊東線・熱海→河津(3,030円)

帰り…伊東線・河津→熱海経由、
東海道本線・熱海→静岡(3,030円)

※通常合計6,060円のところ、JR期間限定発売の青春18きっぷ利用のため、合計5,110円となりました

今月のまんぽ計

スタート&ゴール…河津駅
10543歩6.2キロ271kcal.
(サケの塩麹焼き1人ぶん)byあんず


地図を見る

河津ザクラで有名な河津へ行ってきました。

静岡発7時の東海道本線に乗車し、熱海で伊東線に乗り換えます。
天気予報を数日まえから確認していたのに、伊東線沿いはパラパラ雨模様。

心配でそわそわする春の横で、あんず爆睡。

河津に9時40分到着すると、天気は曇天。かろうじて雨は降っていませんでした。

伊豆エリアでこんなにも天候が違うなんて知りませんでした。

本日青春18きっぷ利用(このタンタンが発行したころには、利用期間は終了しています、あしからず)のため、
JR区間は乗り放題ですが、伊豆急行区間を現金清算し(※'16年4月現在、クレジット・ICカードが使えない)、
身支度を整え、9時54分出発。

まずは来宮{きのみや}神社をめざして北上します。

写真1

1. 熱海で伊東線に乗り換え。先頭列車に乗り込み、景色を楽しみます    2. 河津駅まえの踊り子像    3. 観光協会と物産市、飲食店を兼ねた河津桜観光交流館    4. 来宮神社のコマイヌは…    5. ちびこいコマイヌとセットでした    6.8. 文化財指定ではない、でも存在感ある来宮神社の大木たち    7. 国の文化財に指定されている大クス    9. オドリコソウ   

あんず(以下、あ)
「ウォーキングで河津って初めてなんですか?」
「うん。ウォーキングでもプライベートでも初めて」
「河津ザクラまつりが先週で終わった(ウォーキング取材は'16年3/24)、
このタイミングで行くわけ?
シーズンオフに名所を訪れるのが、タンタン定番になりつつありますよね。
いつだかの下田のスイセンだって、西焼津のサクラだって」
「あらま。思えばフランスのモン・サン=ミッシェルも、シーズンオフだった」
「ぷぷっ、プライベートまでもシーズンオフかよ?」

モダンな建物の図書館を左に見ながら、河津桜観光交流館に到着。
観光協会と隣接し、地場産品や新鮮な野菜が販売されています。あんずうほうほ♡

交流館をあとに、来宮神社に10時35分。
国の文化財に指定された、天然記念物の大クスがあります。

この天然記念物に指定されたクス以外にも、境内には立派な大木がありました。

空気がぴんとはりつめた、厳かな神社でした。

「みてコマイヌの足もとにチビこいコマイヌが♡かわゆす」

神社のわき道に沿って、広い道に出ます。

酒屋の壁に描かれた、ペンギンのイラストが懐かしすぎて大騒ぎ。

「あのCMの曲は…」
「セイコちゃん♡」

なんて大騒ぎ。

おかげで、河津ザクラの原木を見落として、すごすごUターン。

「こんな大きな標識、なんで2人もいて見過ごすかなあ」
「…(おまえもな)」
写真2

10. ムーミンのにょろにょろみたいなダイコン    11. 河津桜原木    12. 河津町役場    13. 豊泉の足湯処    14. 大噴湯公園のイメージキャラクター・フントーくん    15. 大噴湯公園…河津町峰446・1 ☎0558(34)0311●開園時間/9時〜16時●火・金曜休み    16. 温泉タマゴもあるよ    17. 噴湯開始!   

これまたモダンな建物の河津町役場のまえを通過し、赤い豊泉橋を渡ります。

大噴湯{だいふんとう}公園へ行くため、河津川沿いの遊歩道を歩くと、
本日最初の豊泉の足湯処がありました。

「大噴湯公園のお湯の噴きあげ時間がもうすぐだから、足湯はあとにしたほうが…」

というあんずの助言に従い、通過。アジア系の観光客とすれ違います。

大噴湯公園に11時14分。けむりがもくもくあがる温泉やぐらがありました。

ベンチに腰掛け、ショータイムまでお菓子をぼりぼり食べながら待ちます。

「水が噴きあがるのが噴水、お湯が噴きあがると噴湯…なるほどねえ。
じゃあ牛乳が噴きあがったら噴乳、ジュースが噴き…」
「もういいから、そのたとえ、あり得ないしわかりにくいから」

定刻になると、1直線にシュ〜ッとお湯が噴きあがりました。
観覧のち、園内の足湯につかります。

ウォーキング途中に足湯や足つぼの石に遭遇すると、
その日の疲れが軽減されるのは、経験づみ。

5コ入りはっさくを購入し、公園を11時47分出発。

道路沿いの信用金庫を見て

「そういや、信金のATM探してたじゃん。 試しに河津の信金のATM、使ってみてよ」

信金であれば、無料で使えることを行員に確認後、
嬉しそうにATMに並んでいたあんずが、
しばらくして一目散{いちもくさん}に走って出てきました。

「まちがえた!そもそも今日、お金が入る日じゃなかったから、
おろせるものが何もなかった…」ぷぷぷ。

豊泉橋は渡らず、河津川沿いを南下していきます。

「…あ!も〜っ豊泉の足湯、通り過ぎちゃったじゃん」

川沿いは、まるで冬に訪れたビーチ脇の海の家みたいな。
飲食店であろう小屋が、何軒も閉まっていました。

さくらの足湯処に12時30分。またもや、裸足になってくつろぎます。

先客に地元のかたがいらしたので、しばし談笑。
今年の桜まつりには、アジアからの観光客が、例年にないほど訪れ、
ほんとうにてんてこ舞いだった、と教えてくれました。

写真3

18. 河津川沿いのサクラ並木を歩きます    19. 河津川    20. この子に伊豆で会えるなんて♡    21. さくらの足湯処    22. 河津川沿いのパン屋で購入    23. 浜橋のたもとに中河幹子の歌碑    24. 海岸沿いに向かってもう少し河津川沿いを歩く    25. 腰まわりがセクシーなコマイヌ発見    26. スーパーでゲットしたチャーハン(春)おむすび(あんず)    27. 春と   28. あんずの戦利品   

無料の足湯が近所のあちこちにあるなんて、
すてきな環境ですねえ。25分ほどくつろぎ、再び出発。

川沿いの民家兼パンの店を見つけ、1つずつ購入。
そして、むしゃむしゃ歩き喰い(ごめんあそばせ)。

小腹が満たされて、少し元気になったので、河口まで歩くことにします。
東伊豆道路につきあたって、河津駅方面へぐるっと北上。

駅手まえのフードストアあおきで、弁当&おやつを入手し、
河津駅から熱海行きの列車に乗りました。(春)